前へ
次へ

初めての化粧品はパッチテストをしたほうが良いことも

肌が弱い人や少し強めの成分を含む化粧品を初めて使う時には、念のため肌にはパッチテストをしたほうが、万が一の肌トラブルを起こすことにはなりません。
例えば美白成分などは商品によって、若干強めの成分が含まれることもあります。
初めて使う化粧水に絆創膏、それに綿棒を準備して、絆創膏の綿の部分に綿棒で化粧水を塗布して、目立ちにくい箇所に24時間貼るだけです。
二の腕などのような目立ちにくく、絆創膏もはがれにくい場所でのテストは向いています。
もしも肌に赤みやかゆみが生じた際には、その場ですぐにテストは中止です。
しかし特に違和感を感じることもなく、肌に赤みや湿疹にかゆみなども出ないなら、24時間後に正常を確認してその後は化粧水を使用しても問題はありません。
肌質的に普段から敏感肌を自覚している人や、化粧品で過去に肌荒れ経験を持つ人などは、初めて挑戦をする化粧品のパッチテストは、ひと手間かかりますがやった方が無難です。

Page Top